将門首塚

DSC02327.jpg

 将門首塚は都心のどまんなかにある。

DSC02328.jpg

DSC02329.jpg

 将門塚保存会によって設置された「将門首塚の由来」。

DSC02330.jpg

DSC02331.jpg

DSC02332.jpg

 石碑で後ろがよくみえない。

DSC02333.jpg

DSC02334.jpg

 神田明神で行われる明神能の広告があった。

 以下ウィキペディア「平将門の首塚」から引用。

この地はかつて武蔵国豊嶋郡芝崎村であった。住民は長らく将門の怨霊に苦しめられてきたという。諸国を遊行回国中であった遊行二祖他阿真教が徳治2年(1307年)、将門に「蓮阿弥陀仏」の法名を贈って首塚の上に自らが揮毫した板碑を建立し、かたわらの天台宗寺院日輪寺を時宗(じしゅう)芝崎道場に改宗したという。日輪寺は、将門の「体」が訛って「神田」になったという神田明神の別当として将門信仰を伝えてきた。その後江戸時代になって日輪寺は浅草に移転させられるが、今なお神田明神とともに首塚を護持している。時宗(じしゅう)における怨霊済度の好例である。
首塚そのものは関東大震災によって倒壊し、周辺跡地に大蔵省が建てられることとなり、石室など首塚の大規模な発掘調査が行われた。その後大蔵省が建てられるが、工事関係者や大蔵省職員の相次ぐ不審死が起こり、将門の祟りが大蔵省内で噂されることとなる。大蔵省内の動揺を抑えるため昭和2年に将門鎮魂碑が建立され、神田明神の宮司が祭主となって盛大な将門鎮魂祭が執り行われる。この将門鎮魂碑には日輪寺にある他阿真教上人の直筆の石版から「南無阿弥陀仏」が拓本された。
この地は、東京駅に近く皇居の間近に位置するため、周辺にはオフィスビルが林立しているが、この一角だけはそれほど広い敷地ではないにもかかわらず鬱蒼とした木が茂り、現在でも、一種異様な雰囲気を醸し出している。敷地内には、蛙(ガマガエル)の置物が数多く石碑の周囲に置かれている(後述)。そして、線香の匂いが絶えることがなく物静かで、そこに表通りの車の音がする場所である。
数十年にわたり地元のボランティア団体が浄財を元に周辺の清掃・整備を行っているが、その資金の預金先として、隣接する三菱東京UFJ銀行に「平将門」名義で口座が開かれていた。

 訪問日:2010年4月。
関連記事

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

profile

メインブログ

RSS表示パーツ

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM